当施設は木質バイオマスエネルギーを使用しています


 木質バイオマスエネルギーとは、地球にやさしいエネルギーとして、石油などの化石燃料の代わりとして利用がすすめられているエネルギーです。 
 
当施設は岩手県産の
木質ペレット(樹皮を乾燥,粉砕し押し固めたもの)を燃料とする専用ボイラで、館内の暖房、シャワー、プール水の加温をしています。            

 

《ペレットについて》
バイオマス(Biomass)とは、再生可能な生物由来の有機性資源を意味しており、木材由来のものが木質バイオマスです。 当スクールの燃料として使用しているペレットは、木材の樹皮原料とする木質バイオマスです。

《カーボンニュートラル》
石油も木質バイオマスも燃やせばC02を発生することに変わりはありません。しかし、炭素の由来に違いがあります。燃やすことで、石油は地下の炭素を大気中に放出しますが、木質バイオマスは、元々大気中の炭素を取り込んでできたものですので、元の場所に戻すにすぎません。つまり、大気と樹木の炭素の合計量に変化はなく循環しているのです。

ペレットボイラ内部
種火状態 バーナーON直後 燃焼状態

 


top